山梨県で選ぶ窓ガラスフィルム 遮光 断熱の考え方

query_builder 2024/04/29 山梨 窓ガラスフィルム
山梨県で窓ガラスフィルム遮光断熱の選び方について語ります。知識が深まると、より良い選択ができるようになります。読むことで窓ガラスフィルム遮光断熱の考慮事項が明確になるはずです

TOTAL SECURITY FILM sharaku

ロゴ
高品質な窓ガラスフィルムのサービスを山梨で運営しています。快適な室内環境を実現し、さまざまなメリットを体感いただけます。要望に合わせてフィルムの選定と取り付けを行い、最適な解決策を提案いたします。
TOTAL SECURITY FILM sharaku
住所:

〒403-0007

山梨県富士吉田市中曽根3丁目2-39

電話番号:
0555-75-0801

選び方の基本

窓ガラスフィルム遮光断熱の選び方を知ることは、日常生活の快適さに大きく影響します。この節では選び方の基礎知識に触れます。

遮光フィルムの特徴

遮光フィルムは、山梨県で窓ガラスに使用される一種のフィルムです。このフィルムは、日差しの強い日において室内に入る光や熱を軽減することができます。遮光フィルムには特殊な技術が使われており、太陽の光を遮る効果があります。

一般的に、遮光フィルムの特徴は次のようなものです。まず、フィルムの色味や濃度によって、遮光性能が変わります。暗い色味のフィルムほど、より多くの光を遮ることができます。また、フィルムの素材にもよって遮光性能が異なります。特殊な素材を使用することで、より効果的な遮光効果を発揮することができます。

遮光フィルムの特徴は単に光を遮るだけでなく、その他の効果もあります。例えば、眩しさを軽減する効果や、室内の温度上昇を防ぐ効果も期待できます。これにより、冷暖房効果を向上させることができるでしょう。

山梨県の気候は、夏には日差しの強い暑い日が続きます。適切な遮光フィルムを選ぶことで、室内の快適さを保つことができます。遮光フィルムは、窓ガラスに貼ることで気になる日差しや熱を抑える効果があり、暑さや眩しさから解放されることでしょう。

遮光フィルムの特徴や効果を理解することで、山梨県の暑い季節でも快適な生活環境を作り出すことができます。適切な遮光フィルムを選び、窓ガラスに貼ることで、日差しや熱から室内を守り、遮光効果と断熱効果を享受することができるでしょう。

断熱フィルムの特徴

断熱フィルムもまた、山梨県で窓ガラスに使用されるフィルムの一種です。このフィルムは、室内と外界の温度差を緩和し、室内の温度をより安定させる効果があります。特殊な素材を使用することで、外部からの放熱を抑えることができます。

断熱フィルムの特徴には以下のようなものがあります。まず、断熱フィルムは窓ガラスに貼ることで、室内の断熱性能を向上させることができます。外部からの熱の侵入を抑えるため、室内の温度を均一に保つことができます。これにより、冷暖房効果を高めることができるでしょう。

また、断熱フィルムはただ温度を均一に保つだけでなく、冷暖房の効果を向上させる効果もあります。冷房効果においては外気の暑さを遮り、室内の冷たさを逃がしにくくします。一方、暖房効果においては外気の寒さを遮り、室内の温かさを逃がしにくくします。断熱フィルムの効果により、エネルギー効率を向上させることができます。

断熱フィルムの特徴を理解することで、山梨県の冬の寒さや夏の暑さといった気候の変動から室内を守ることができます。適切な断熱フィルムを選ぶことで、家庭やオフィスなどの室内環境を快適に保つことができるでしょう。

山梨県では、寒冷地域特有の寒さや暑さが厳しい季節があります。断熱フィルムの特性を活かして、室内の温度調節を効果的に行いましょう。断熱フィルムは窓ガラスに貼ることで、外部の温度変化から室内を遮断し、快適な環境を作り出すことができます。

フィルムの選び方

窓ガラスフィルムの遮光性能と断熱性能は、快適な生活環境を作り出します。次の節では、その選び方について説明します。

遮光性を求める場合

遮光性を求める場合、適切な遮光フィルムを選ぶことが重要です。山梨県のような日差しの強い地域では、室内に入る光を調節することで快適な環境を作り出すことができます。

遮光フィルムを選ぶ際には、色味や濃度が大切な選択基準となります。暗い色味のフィルムほど、より多くの光を遮ることができます。例えば、山梨県の暑い夏には外部から直射日光が強く入り込みますが、適切な遮光フィルムを選ぶことで、室内を快適な明るさに調節することができます。

また、色だけでなく、遮光フィルムの素材も選択のポイントです。特殊な素材を使用することで、高い遮光性能を実現することができます。このような素材は、日差しを遮りながらも室内への光を透過させるように設計されています。

遮光性を求める際には、フィルムの特性だけでなく、使用する場所や目的に応じて選択することも大切です。例えば、寝室ではより暗い遮光フィルムを使用することで、より快適な眠りを得られるかもしれません。一方、リビングルームやオフィスでは、明るさを保ちながら遮光性を確保するフィルムを選ぶことができます。

遮光性を求める場合、適切な遮光フィルムの選択は快適な生活環境を作り出すために欠かせません。山梨県のような日差しの強い地域では、室内の光をコントロールすることで、眩しさや日差しの熱から室内を守ることができます。適切な遮光フィルムを選び、快適な空間を実現しましょう。

断熱性を重視する場合

断熱性を重視する場合には、適切な断熱フィルムを選ぶことが重要です。山梨県のような気候の変動が激しい地域では、外部からの熱や寒さを遮ることで室内の温度をより快適に保つことができます。

断熱フィルムを選ぶ際には、断熱性能が良い素材を選ぶことが大切です。特殊な素材を使用することで、外部の気温変化を遮断し、室内の温度を安定させる効果があります。例えば、夏の暑い日には外部の熱を遮り、冷房効果を高めることができます。また、冬の寒さには外部の冷気を遮り、暖房効果を向上させることができます。

断熱フィルムの厚さも選択のポイントです。一般的に、断熱フィルムの厚さが大きいほど断熱性能が高まります。厚みのある断熱フィルムは、外部からの熱や寒さをより効果的に遮断することができます。しかし、厚みが増すと光の透過性が低下する場合があるため、使用する場所や目的に応じて適切な厚さを選ぶことが重要です。

断熱性を重視する場合には、適切な断熱フィルムを選ぶことで室内の快適さを向上させることができます。山梨県のような気温変動の激しい地域では、断熱フィルムを使用することでエアコンや暖房の効果を最大限に発揮させることができます。遮熱性能の高い素材を選び、適切な厚さを持つ断熱フィルムを窓ガラスに貼ることで、室内の温度を快適に保ちましょう。

付け方のポイント

窓ガラスフィルムの正しい付け方を理解することで、その効果を十分に引き出すことが可能です。

フィルムの寸法を測る

フィルムを正確に貼るためには、窓ガラスの寸法を正確に測ることが重要です。フィルムの寸法を適切に計測することで、フィルムの適切なサイズを選ぶことができます。

フィルムの寸法を測るには、以下の手順を守ることをおすすめします。まず、窓ガラスの幅と高さを測定します。測定する際には、十分な精度を保つためにメジャーや定規を使用することが重要です。また、窓枠の内側の寸法を測定することで、フィルムがきちんと収まることを確認することができます。

測定する際には、窓ガラスの補修や再塗装の予定がある場合にも注意が必要です。これらの施工作業によって窓の厚さや寸法が変わる場合がありますので、フィルムの寸法を測る前に窓の状態を確認しましょう。

また、注意点として、窓ガラスの寸法を測る際には、一度の測定で確認せず、複数の箇所での測定を行うことが望ましいです。窓枠や窓ガラス自体には微妙な歪みや誤差が生じる場合がありますので、複数の測定結果を比較して平均値を求めることで、より正確に寸法を把握することができます。

フィルムの寸法を正確に測ることは、フィルムを正しく貼るために重要なステップです。正確な寸法を把握することで、適切な大きさのフィルムを選ぶことができ、フィルムの効果を最大限に引き出すことができます。快適な空間作りのために、しっかりとした測定を行いましょう。

フィルムの向きを確認

フィルムを正しく貼るためには、フィルムの向きを確認することも重要です。多くのフィルムは一方向からしか貼り付けることができないため、向きを誤ると効果が発揮されない可能性があります。

フィルムの向きを確認する際には、製品に付属している取扱説明書やラベルをよく読んで理解することが重要です。フィルムの裏面には、貼り付ける側や上方向を示すマークや文字が入っていることがありますので、これらに注目しましょう。

また、フィルムの向きを確認するためには、透明なガラスの上にフィルムを当てて確認することも有効です。フィルムをガラスに対して垂直に広げ、外部から見た場合にフィルムの文字やマークが逆さまにならないようにすることが重要です。

フィルムの向きを誤ると、フィルムの効果が最大限に発揮されないだけでなく、見た目にも違和感を与える可能性があります。適切な向きでフィルムを貼ることで、遮光や断熱効果をしっかりと実感することができます。

正しい向きでフィルムを貼るためには、丁寧な作業と確認が必要です。フィルムの裏面や取扱説明書をしっかりと読み、向きを確認しましょう。フィルムをガラスに貼る際には、ガラスを清潔にし、フィルムをゆっくりと貼り付けることが大切です。慎重な作業と正確な向きの確認を行い、フィルムを正しく貼り付けましょう。

手入れの方法

フィルムの寿命を延ばすためには、適切な手入れが必要です。この節では、基本的な手入れ方法を説明します。

フィルムの清掃方法

フィルムを長持ちさせるためには、適切な手入れが欠かせません。フィルムの定期的な清掃は、汚れやホコリの蓄積を防ぎ、フィルムの寿命を延ばすことにつながります。ここでは、フィルムの基本的な清掃方法について説明します。

まず、フィルムを清掃する際には、優しい力で拭き取ることが重要です。硬いブラシやゴシゴシと擦ることは避け、フィルム表面に傷をつけないよう注意しましょう。柔らかいクロスやマイクロファイバータオルを使用して、やさしく拭き取ることが推奨されます。

また、フィルムを清掃する際には、適切なクリーニング剤を使用することも大切です。一般的なガラスクリーナーや中性洗剤を使用してフィルムを清潔に保つことができます。ただし、アンモニアやアルコールなどの強い溶剤や腐食性のある洗剤は避けるようにしましょう。これらの物質はフィルムの表面を傷つけたり、劣化させる恐れがあります。

フィルムを清掃する際の注意点として、強い日差しの下での清掃は避けることが推奨されます。フィルムが熱くなっている場合には、フィルムが変形する可能性があるため、清掃は避けるべきです。また、清掃中に水滴がフィルム上に残らないように注意しましょう。水滴が乾くと、水アカや汚れが残る可能性があります。

フィルムを清掃する頻度は使用環境や汚れの度合いによって異なりますが、定期的な清掃を心がけることが大切です。特に、埃や汚れの多い環境では、フィルムの清掃をより頻繁に行うことが推奨されます。

適切なフィルムの清掃方法を実践することで、フィルムの寿命を延ばし、効果を持続させることができます。やさしい力で拭き取り、適切な洗剤を使用し、水滴を残さないように注意しましょう。清潔な状態を維持することで、フィルムの美しい状態を保つことができます。

フィルムの補修方法

フィルムにキズや損傷がある場合、補修することでフィルムの寿命を延ばすことができます。ここでは、フィルムの基本的な補修方法について説明します。

まず、フィルムの補修には専用の修理キットを使用することが推奨されます。修理キットにはフィルムの補修に必要な素材や工具が含まれており、簡単に自己補修が可能です。修理キットの取扱説明書をよく読み、使用方法に従って補修を行いましょう。

フィルムの補修方法の一つには、キズの修復があります。フィルム表面にできた小さなキズや傷を修復するために、キズ専用の修復剤を使用します。修復剤をキズの上に塗布し、指定された時間待ってから余分な修復剤を拭き取ります。これにより、キズの見た目を改善することができます。

また、フィルムに穴や裂けがある場合には、補修用のパッチを使用することができます。パッチはフィルムに貼り付けて裂けた部分を覆い、剥がれを防ぐ効果があります。パッチをフィルムの裂けた部分に当て、しっかりと押さえることで補修が完了します。

補修作業を行う際には、クリーンな状態で行うことが重要です。フィルムの表面を清潔にし、埃や汚れを取り除いた上で補修作業を行いましょう。また、修理キットや補修用具を正しく使用することも大切です。取扱説明書をよく読み、指示に従って作業を進めることをおすすめします。

フィルムにキズや損傷がある場合には、素早く補修することでフィルムの長期使用を維持することができます。修理キットを使用し、キズや裂けを修復することで、フィルムの美しさや機能性を維持しましょう。補修が難しい場合や大きな損傷がある場合には、専門業者に相談することも検討してください。

注意点

窓ガラスフィルムの遮光断熱を最大限に活用するためには、いくつかの注意点があります。

フィルムの保管方法

フィルムを長期間保管する際には、適切な方法で保管することが重要です。適切な保管方法を実践することで、フィルムの劣化や変形を防ぎ、最大限の効果を得ることができます。以下では、フィルムの基本的な保管方法について説明します。

まず、フィルムを保管する場所には、直射日光や高温、多湿な場所を避けるようにしましょう。フィルムはUV光や高温に弱いため、これらの環境下では劣化が進んでしまいます。直射日光の当たる場所や暖房器具の近く、浴室やキッチンなどの湿気の多い場所から遠ざけることが重要です。

次に、フィルムを保存する際には、密封された袋やケースに入れることがおすすめです。密封することで湿気やホコリが侵入するのを防ぎ、フィルムの品質を保つことができます。また、フィルム同士が接触しないようにするため、フィルムを個別に保管するか、間に保護シートや紙を挟むことも有効です。

さらに、フィルムの保管場所を清潔に保つことも重要です。フィルムが埃やホコリに触れると、それがフィルム表面に付着し、劣化や効果の低下を引き起こす可能性があります。定期的に保管場所を掃除し、フィルムが清潔な状態で保管されるようにしましょう。

最後に、フィルムの保管期間を限定することもおすすめです。フィルムは使用しない期間が長くなると劣化する可能性があります。できるだけ早めに使用するか、定期的にフィルムを入れ替えることで、常に最良の効果を得ることができます。

適切な保管方法を実践することで、フィルムの効果を最大限に引き出すことができます。直射日光や高温、多湿を避け、密封された袋やケースに入れて保管し、清潔な状態を保つようにしましょう。また、できるだけ早めに使用するか、定期的にフィルムを入れ替えることを心がけましょう。

取り扱い時の注意点

フィルムを取り扱う際には、注意が必要です。フィルムは薄くてデリケートな素材であるため、注意を払いながら丁寧に取り扱うことが重要です。

まず、フィルムを取り扱う際には、清潔な手で触れるようにしましょう。指に付着した汚れや油がフィルム表面に移り、フィルムの効果や外観に悪影響を与える可能性があります。手を洗って乾燥させた後にフィルムに触れるよう心がけましょう。

また、フィルムを表面から持つ際には、指先で軽く持ち上げるようにすることが重要です。フィルムを折り曲げたり、強く引っ張ったりすると、フィルムが破れる可能性があります。フィルムを取り扱う際には、力を入れずに優しく扱いましょう。

さらに、フィルムを取り付ける際には、専用の工具を使用することがおすすめです。工具を使用することで、フィルムを正確に貼ることができます。ただし、工具を使う際には、フィルムや窓ガラスに傷をつけないように細心の注意を払いましょう。

また、フィルムを貼る前に窓ガラスをしっかりとクリーニングすることも大切です。窓ガラスにホコリや汚れが残っていると、フィルムの密着性や効果が低下する可能性があります。クリーニングを行う際には、適切なクリーニング剤と柔らかいクロスを使用し、丁寧に拭き取りましょう。

フィルムの取り扱い時には、清潔に保ち、優しく丁寧に取り扱うことが重要です。清潔な手で触れ、フィルムを軽く持ち上げるようにしましょう。専用の工具を使用する場合には、傷をつけないように細心の注意を払いましょう。そして、フィルムを貼る前に窓ガラスをしっかりとクリーニングすることも忘れずに行いましょう。適切な取り扱いを守ることで、フィルムの品質と効果を最大限に活かすことができます。

失敗しない選び方

失敗しない選び方のポイントを押さえ、より良い選択をしましょう。

遮光断熱フィルムの色

遮光断熱フィルムの色は、室内の照明環境にも影響を与えるため、慎重に選ぶ必要があります。フィルムの色は遮光効果だけでなく、外からの光の透過や室内の見た目にも関わってきます。

一般的に、遮光断熱フィルムは黒や灰色をはじめ、さまざまな色味があります。暗い色味のフィルムは、より多くの光を遮ることができますが、同時に室内を暗くする可能性もあります。一方、明るい色味のフィルムは、光の透過性が高く、室内を明るく保つ特徴があります。色味によっても違った雰囲気や見た目を作り出すことができます。

色の選択には、使用する場所や目的に応じて考慮する必要があります。例えば、寝室などのリラックスする場所では、暗い色味の遮光フィルムを選ぶことで、眠りを妨げない快適な照明環境を作り出すことができます。一方、リビングルームやオフィスなどでは、明るい色味のフィルムを選ぶことで、明るさを保ちながら遮光効果を享受することができます。

また、フィルムの色は建物やインテリアとの調和も考慮する必要があります。フィルムの色が建物の外観や内装とマッチすることで、統一感のある空間を作り出すことができます。選ぶ色によっては、建物の外観を引き立てたり、インテリアとのバランスを取ったりすることも可能です。

遮光断熱フィルムの色の選択は、快適な生活環境を作り出すために重要です。色味によって室内の明るさや雰囲気が変わるため、使用する場所や目的に応じて適切な色を選ぶことがポイントです。建物やインテリアとの調和も考慮しながら、遮光効果と照明環境を両立させるフィルムの色を選びましょう。

施工業者の適正

遮光断熱フィルムを適切に施工するためには、信頼できる施工業者の選択が重要です。正確な施工と丁寧な仕上げは、フィルムの効果を最大限に引き出すために欠かせません。

施工業者を選ぶ際には、以下のポイントを考慮することが大切です。まず、施工業者の経験と専門知識を確認しましょう。信頼性のある業者は豊富な経験を持ち、適切な技術を持っています。また、遮光断熱フィルムに関する専門知識を持っていることも重要です。

次に、施工業者の信頼性や評判を確認することも重要です。口コミやレビューを参考にするか、知人や家族からの推薦などを聞いて、信頼できる業者を選ぶことができます。また、事前に業者に施工例を見せてもらい、仕上がりの品質を確認することもおすすめです。

さらに、適正な価格設定をしているかも確認しましょう。高すぎる価格や安すぎる価格はどちらも注意が必要です。他の業者との見積もりを比較することで、適正な価格を把握することができます。ただし、価格だけで判断せず、品質や信頼性を総合的に考慮することが重要です。

最後に、業者とのコミュニケーション能力も重要です。フィルムの希望スタイルや予算についてきちんと伝えることができる業者は、顧客のニーズに合わせた最適な提案をしてくれるでしょう。また、丁寧な説明や質問への応対も重要な要素です。

遮光断熱フィルムの施工業者を選ぶ際には、経験と専門知識、信頼性、適正な価格設定、そしてコミュニケーション能力を考慮しましょう。信頼できる業者との提携は、フィルムの施工において重要な要素です。選び抜いた業者との協力により、遮光断熱フィルムを最良の状態で施工することができるでしょう。

購入時のTips

フィルムの選択から施工まで、購入時に役立つヒントを提供します。

適正価格の確認

遮光断熱フィルムを購入する際には、適正な価格の確認が重要です。適正価格でフィルムを購入することで、品質やコストパフォーマンスを最大限に活かすことができます。以下では、適正価格の確認について説明します。

まず、複数の業者から見積もりを取ることがおすすめです。複数の業者に見積もりを依頼することで、フィルムの価格の相場や適正価格を把握することができます。同じ品質のフィルムでも業者によって価格が異なることがありますので、比較検討することが重要です。

また、フィルムの価格だけでなく、品質や保証内容も確認しましょう。極端に安い価格で提供されている場合には、品質に問題がある可能性があります。安価なフィルムは、厚さや遮光効果、耐久性などに劣っていることがあります。品質に見合った適正な価格を確認しましょう。

さらに、適正価格を見極めるためには、他の類似商品や他の業者の価格と比較することも重要です。同じ性能や品質のフィルムを提供する業者や商品を調べ、価格の差異を確認することで、適正価格を把握することができます。ただし、価格だけでなく、業者の信頼性や施工技術なども総合的に判断することが重要です。

適正価格を確認することで、適切なコストパフォーマンスを得ることができます。見積もりの取得や価格の比較、品質や保証内容の確認を行いながら、適正価格を見極めましょう。信頼性のある業者から適正価格でフィルムを購入することで、品質を確保しながら経済的な選択をすることができます。

保証サービスの確認

遮光断熱フィルムを購入する際には、保証サービスの内容も確認することが重要です。保証サービスは、万が一フィルムに問題が発生した場合に安心して対応できることを保証しています。以下では、保証サービスの確認について説明します。

まず、保証期間を確認しましょう。多くの場合、遮光断熱フィルムには一定の保証期間が設定されています。保証期間内にフィルムに問題が発生した場合は、無償で修理や交換を受けることができます。

また、保証サービスの内容や適用範囲を確認しましょう。保証サービスは、フィルムの製造上の欠陥や劣化、施工不良などをカバーしています。保証サービスの適用範囲や条件を理解し、万が一の場合に適切な対応が受けられることを確認しましょう。

さらに、保証サービスの提供元の信頼性も重要です。信頼できる業者やメーカーから提供される保証サービスは、安心して利用することができます。評判や口コミを調べたり、信頼できる業者との取引実績を確認したりすることで、保証サービスの信頼性を確認しましょう。

保証サービスは、フィルムの品質や信頼性を裏付ける重要な要素です。保証期間や内容、適用範囲などを確認することで、万が一の場合においても安心して対応することができます。業者やメーカーの信頼性も合わせて検討し、適切な保証サービスを提供してくれる業者を選ぶことが大切です。

最後に

窓ガラスフィルム遮光断熱の選び方には多くの要素が関連しています。

総括

遮光断熱フィルムの選択と施工には、様々な要素が関わります。適切なフィルムを選び、正確な寸法で取り付け、適切な手入れを行うことで、その効果を最大限に引き出すことができます。

遮光フィルムと断熱フィルムの特徴を理解し、使用する場所や目的に応じて選択することが重要です。遮光フィルムを求める場合には、色味や濃度、素材の特性に注目しましょう。一方、断熱フィルムを重視する場合は、断熱性能や厚さを考慮しましょう。

フィルムの寸法を正確に測り、向きを確認することも施工のポイントです。丁寧な作業と正確な測定を心がけましょう。また、フィルムの清掃や補修にも注意を払い、長期的な使用のための手入れを行いましょう。

施工業者の選定においては、経験と専門知識、信頼性、適正な価格設定、コミュニケーション能力を考慮しましょう。信頼できる業者との提携は、施工品質の保証やアフターサービスの重要な要素です。

適正価格の確認と保証サービスの確認もお忘れなく。適正価格の把握と保証サービスの確認は、品質と経済性のバランスを保つために不可欠です。

遮光断熱フィルムの選択や施工には慎重な検討と注意が必要です。フィルムの特徴や効果を理解し、適切な選択を行いましょう。信頼できる業者との連携や保証サービスの利用により、安心してフィルムの効果を楽しむことができます。

自分に合った選択を

遮光断熱フィルムを選ぶ際には、自分のニーズや好みに合った選択をすることが重要です。それぞれのフィルムの特徴や効果をよく理解し、自分のライフスタイルや住環境に合ったフィルムを選びましょう。

遮光性と断熱性のバランスを考えながら、色味や濃度、素材の特性に注目しましょう。明るさを保ちながら遮光効果を重視するのか、暗さを許容して遮光性を最大化するのか、自分の好みや使用する場所によって選択肢は異なるでしょう。

また、フィルムの選択だけでなく、信頼できる業者との連携も大切です。業者の経験や専門知識、信頼性を確認し、相互の意思疎通がスムーズに行える業者を選びましょう。施工品質や保証サービスの提供も確認し、長期的な関係を築けるパートナーを見つけることが重要です。

自分に合った選択をするためには、自分のライフスタイルや住環境を考慮しましょう。快適な照明環境や室温管理を実現するために、遮光断熱フィルムの特徴や効果を把握し、自分に合ったフィルムを選びましょう。

自分に合った選択をすることで、遮光断熱フィルムの効果を最大限に活かし、快適な生活を実現することができます。自分のニーズや好みに合った選択をし、専門業者と連携して最良の結果を得るために、慎重かつ柔軟な考え方を持ちましょう。

山梨県
内のエリア紹介
  • 甲府市
  • 富士吉田市
  • 都留市
  • 山梨市
  • 大月市
  • 韮崎市
  • 南アルプス市
  • 北杜市
  • 甲斐市
  • 笛吹市
  • 上野原市
  • 甲州市
  • 中央市
  • 市川三郷町
  • 早川町
  • 身延町
  • 南部町
  • 富士川町
  • 昭和町
  • 道志村
  • 西桂町
  • 忍野村
  • 山中湖村
  • 富士河口湖町
  • 小菅村
  • 丹波山村
山梨県近隣のエリア紹介
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
TOTAL SECURITY FILM sharaku
ロゴ
高品質な窓ガラスフィルムのサービスを山梨で運営しています。快適な室内環境を実現し、さまざまなメリットを体感いただけます。要望に合わせてフィルムの選定と取り付けを行い、最適な解決策を提案いたします。
TOTAL SECURITY FILM sharaku

〒403-0007

山梨県富士吉田市中曽根3丁目2-39